【浪人ってつらい?】大学受験の必要性は?

スポンサーリンク
人生論
スポンサーリンク

受験ってする必要があるの?

一般的に偏差値の良い高校・良い大学に進学して、少しでも年収やステータスの高い会社に勤めることがいい生活である。

そんな時代は終わりを告げて、今では個人が評価される時代となりました。

YoutuberのHIKAKINさん、 堀江貴文さん、前澤友作さんなど

このような活躍している方々は、高卒で活躍しております

しかし、今でも「偏差値の良い大学に進むことが良い生活を送ることの第一歩だ」と信じる方が多く、忍ぽんもその一人でした。

例にももれず、理系の大学・ 大学院 へと進み、無事6年間で卒業しております

また、忍ぽんは高校受験、大学受験と第一希望に進学できておりません。

それどころか、大学受験は「全落ち・全滑り」(どこの大学にも合格できなかったこと)を経験しております。

忍ぽん
忍ぽん

ほんっとに勉強をしませんでした!

今回は、受験って必要なのか受験に失敗するとどうなるか?についてお話します。

大学は必要ない?というのはホント?ウソ?

先ほど挙げた方々は「高卒」で活躍しております。

つまり、高校生まで勉強した内容で社会で活躍しております。

(大学に入学して、中途退学されている方もいらっしゃいますが…)

では、何のために大学へ行くのでしょうか?

忍ポンが考える大学へ行く必要性は下記になります。

  • 大学のステータス
  • 人間的なネットワークの作成
  • 学生でしか経験できないことを経験できる

大学のステータス

「東京大学卒業しました!」っていうとすごーい!ってなりますよね。

これこそがステータスとなり、有名企業に入る時に必要となります。

有名企業は全国各地から学生のアプローチを受けるため、ある程度選抜する必要があります。

選抜する情報の一つなのが、大学のステータスになります。

有名な企業に入る = 良い大学に入るというのが、

最も理にかなった大学へ入る必要性になりますね。

人間的なネットワークの作成

大学は、自分と同じぐらいの学力を持っている人が集まります。

つまり生活スタイルが似ている方とお友達になりやすいです。

生活スタイルが似るということは、感性も似るのでとても深い仲になります。

こういうお友達とゆくゆくは起業して、

大金持ちになる!みたいな夢のあることもできますね!

例に挙げると、Facebookは、学生が大学内のサービスを作成したことから発展しています。

映画「ソーシャル・ネットワーク」の題材にもなっています。

忍ぽん
忍ぽん

忍ぽんも大学の友達と同じ企業に入って、お仕事をしております。

お昼とか一緒にご飯食べに行ったり、ずっと続いている関係です。

学生でしか経験できないことを経験できる

就職活動するときに、「何を大学でやってきたの?」と言われたときに答えるやつです。

大学内・外で、「4年間」という期間を経て様々なことを学びます。

忍ぽん
忍ぽん

バイトリーダーを経験しました、サークル立ち上げました、海外で井戸掘ってきましたは就職活動の鉄板ネタです。

また学生は、何かと優遇されております

学生証を見せれば、博物館がタダだったり、電車運賃が割引だったり、ラーメンが大盛だったりと…

是非とも、様々な権利を活かして、学生生活をして欲しいです。

何か興味のあることにチャレンジすると、経験として残りますし、 社会に出てからの話のネタにもなります。

また、大学生活を後悔しないために、やっておいたほうが良いことをまとめた記事を記述しております。

興味があれば、是非とも読んでください!

受験に失敗すると…?

大学に入学する必要性をお話してきましたが、全員が大学に入れるわけではありません。

推薦でも、試験でも「合格」をしなければ大学には入ることができません。

大学に入れなかった人、合格した大学に納得できなかった方などが「浪人」することとなります。

忍ぽん
忍ぽん

忍ぽんの場合は、どこも合格を出してくれませんでした… 悲しい…

浪人をすると待っているのは、勉強漬けです。

朝・昼・晩と毎日勉強です。

お金を払って、時間を浪費し、勉強に1年間充てるのです。

周りの大学生が学生証でラーメン大盛食べている中、

学生証が無いので、普通盛を食べなければなりません。

とても惨めで、 辛い日々です。

しかし、浪人は頑張った分だけ、勉強に対する嫌悪感とかも薄れますし

大学生活が少し楽になる部分もあるかもしれません。

浪人を選択するうえで悩んだことを経験則で記事に致しました。悩んでいる方必見です

忍ぽん
忍ぽん

浪人地獄から脱して、社会人として忍ぽんも生きています。 大丈夫です!

為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

上杉鷹山の有名な短歌ですね。

「どんなことでも強い意志を持って行えば必ず実現する、結果が得られないのは成し遂げる意思を持って行動しないからだ」という意味です。

学生生活でも、浪人生活でも必ず自分が思ったことは実現します。

冒頭で言った通り、これからは「個人」が評価される時代となると思います。

強い意志をもって、充実した生活を送ることで自分自身を高めていってください!

忍ぽん
忍ぽん

浪人で困っていたり、高校生活・大学生活で相談がある場合は、Twitter、問い合わせフォームまで!

自堕落な生活を満喫していた忍ぽんがなんでも答えます!

人生論
スポンサーリンク
シェアする
shinobuponをフォローする
スポンサーリンク
忍ぽんのつむつむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました